手作りクリームファンデーション ナチュラルタイプ

このエントリーをはてなブックマークに追加

この手作りのクリームファンデーションキットは、
あらかじめ色味が調整されており、 別売ビーカーと水とお鍋さえあれば
初心者の方にも簡単に出来ます。

いろいろな材料を集めなくても良いように、
必要な原材料をセット
さらに、わかりやすい作り方説明書付き

材料はすべて天然素材のアロマテラピー用の材料

カバー力は 付けている感じが自然な感じのナチュラルです

キット内容:クリーム容器、ホホバオイル、シアバター、ワックス、カラーラント×1、スポンジ、作り方説明書

クリームファンデーションのタイプ
このクリームにはセットされるワックスにより次のタイプがあります

★ミツバチが作り出した
ミツロウ

★植物性のワックス
カルナウバワックス

色目は次の5タイプから選べます

★ピンク系 普通肌色 色番号7201

★ピンク系 明るい肌色 色番号5151H

★オークル系 普通肌色 色番号64H00

★オークル系 明るい肌色 色番号8200

★当店パーソナルカラー診断を受診された方
色番号 PC

ワックス、バター類は小袋に小分けしておりますので、加える分量により出来上がりの固さなどをご自身で、調節できます

作り方説明書が付いておりますが、
作り方が分からないときはメールもしくはお電話にてお問い合わせ下さい

セットされている材料

★ミツロウタイプ★

●ミツロウ
ミツバチの巣を煮て抽出した動物性ワックス
保湿性が高く、クリームベースの固さを出す
●シアバター
シアの木の種子から抽出した植物性固形油脂
保湿性が高く、紫外線対策として用いられます
●キャンデリラワックス
キャンデリラという植物から採れる 、ワックス
リップクリームなどの材料としてよく使われます。
クリームベースの固さを出す
●ホホバオイル
ホホバの種子より抽出した液体ワックス。
酸化しにくく、保湿性が高いと言われます
●カラーラント ●
●酸化亜鉛
紫外線反射剤として使用されています
白色の役割をします
●酸化チタン
紫外線反射剤として使用されています
白色の役割をします
●マイカ
雲母粉末。カラーラントのベース材
●酸化鉄
鉄の酸化物、カラーラントの色付け

★カルナウバタイプ★

●カルナウバワックス
カルナウバロウヤシの葉からとれる 、植物性ワックス
ワックスの中ではとても固いワックス。
●シアバター
シアの木の種子から抽出した植物性固形油脂
保湿性が高く、紫外線対策として用いられます
●キャンデリラワックス
キャンデリラという植物から採れる 、ワックス
リップクリームなどの材料としてよく使われます。
クリームベースの固さを出す
●ホホバオイル
ホホバの種子より抽出した液体ワックス。
酸化しにくく、保湿性が高いと言われます
●カラーラント●
●酸化亜鉛
紫外線反射剤として使用されています
白色の役割をします
●酸化チタン
紫外線反射剤として使用されています
白色の役割をします
●マイカ
雲母粉末。カラーラントのベース材
●酸化鉄
鉄の酸化物、カラーラントの色付け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です